# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

水道水フッ化物濃度調整により、水道管、工業用水、農作物、家畜、魚、ペット(熱帯魚、小型の鳥など)に悪影響が出る事はないのでしょうか?
水道水フッ化物濃度調整によって、給水システムや水道管に腐食が起こると主張する人がいますが、心配はありません。
  水道水による腐食の原因は、水に溶解している酸素濃度、pH、水温、硬度、塩素濃度、硫化水素物質の有無、ある種のバクテリアの存在などです。仮に、ある水質条件下で既に腐食している水道管が存在していると、その腐食性は、ミョウバン、塩素、フッ化珪素酸、珪フッ化ナトリウムによって増加する可能性がありますが、その場合にはpHを上昇させるという処理方法が決められています。このような処理は、上水道処理場での日常的な操作過程の1つです。
  わが国において、京都の山科で行われた水道水フッ化物濃度調整では、京都市水道局が末端水道水や水道管の腐食、給水システム、配水池壁面のコンクリートなどについて詳細に調査しました。その結果、13年間にわたり一定のフッ化物濃度(0.6ppm)の水がほとんど誤差もなく供給され、配水管や末端の水道管、給水システム、壁面コンクリートなどに何ら影響はなかったと報告しています。また工業用水に関しては、山科地区での醤油製造、製氷、清涼飲料水、染色、レンズ研磨などに用いられましたが全く影響がなかったと報告されています。
  一方、動植物や水中生物に及ぼす影響については、水道水フッ化物濃度調整した水で採れる農作物、その水道水で育った家畜や淡水魚、またはペット(熱帯魚、その他)に至るまで何らの被害も報告されていません。反対に、ほとんどフッ化物を含まない餌と蒸留水でラットやマウスなどを飼育した研究では、子どもを生まなくなったり、行動の調節が難しくなったりなどのストレスによると考えられる異常が報告されています。さらには、水道水フッ化物濃度調整によりフッ化物が海に流出し、海水魚や海産物に影響を与えると危惧する人がいますが、本来フッ化物は天然にあまねく存在する物質であり、とくに海水には水道水フッ化物濃度調整より高いフッ化物濃度のおよそ1.3ppmのフッ化物が自然に含まれていることから、海水に与える影響は考える必要はないのです。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整がエイズの原因になる事があるのでしょうか?
水道水フッ化物濃度調整とエイズ(後天性免疫不全症候群)は全く関係がありません。
  エイズは、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)として知られているレトロウィルスによって引き起こされるものです。HIVの感染経路は、無防備な性交渉や血液感染、あるいはその汚染された血液製剤との接触、また感染した女性の妊娠による胎児へのウィルスの移行、あるいは出産時における新生児への感染などが挙げられます。従って水道水フッ化物濃度調整とHIVあるいはエイズとは全く無関係です。
  そもそも、水道水フッ化物濃度調整とエイズが関係付けられて話されたのは、サンフランシスコにエイズ患者が多く発生し、一方、サンフランシスコが水道水フッ化物濃度調整を行なっていたという単純な理由からといわれています。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整がアルツハイマー病の原因になる事はないのでしょうか?
水道水フッ化物濃度調整された飲料水の摂取がアルツハイマー病の危険因子であるという科学的な証拠は存在しません。
  アルツハイマー病の原因はまだ正確には解明されていませんが、現在のところ年齢と家族歴に関連があり、また他の原因によって脳に深刻な損傷を受けたり低レベルの知的障害が原因となるものと考えられています。
  一方、アルツハイマー病患者の脳組織中にアルミニウムが発見されたため、お湯を沸かすときに使用するフッ化物濃度調整された水道水が調理器具のアルミニウムを溶出させ、それによってフッ化物がアルツハイマー病を促進する補助要因になるという主張がありました。
  そこで、アルミニウムの調理器具を用いて、使用する水のフッ化物濃度調整の有無によるアルミニウムの溶出実験が試みられました。ところが、強酸性もしくはアルカリ性であっても、調理器具からアルミニウムは検出されませんでした。他方、アルミニウムとフッ化物が体内に拮抗的に吸収されることは明らかであることから、むしろフッ化物を摂取することがアルツハイマー病の予防に繋がるかもしれないとも考えられます。事実、水道水中のフッ化物濃度が高い地域では、アルツハイマー病の有病率が有意に低かったという報告もあるのです。
  また、これらに関連して、フッ化物濃度調整された飲料水を飲むと、神経組織を損傷する神経毒になり、また知能低下を起こすという主張がありました。
  そこで、水道水フッ化物濃度調整地域に生まれてから6 歳まで生活している子どもの健康や行動を、フッ化物濃度調整をしていない地域の同年齢の子どもと比較するという疫学調査が行なわれました。研究の全期間にわたって医学的調査が毎年記録され、6歳と7歳の時点で子どもの行動を母親と教師の双方が評価しました。その結果、フッ化物濃度調整された飲料水が、子どもたちの健康や行動に悪影響を示す証拠は何も得られなかったのです。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整を実施している地域では、歯並びや咬み合わせがよくなると聞きましたが本当でしょうか?
水道水フッ化物濃度調整によって歯並びや咬み合わせが良くなるというデータがあります。
  水道水フッ化物濃度調整によってむし歯が予防されるのは、主にフッ化物が歯の質を改善して、むし歯に対する抵抗力を高めるからです。歯並びが悪くなる原因の一つにむし歯とそれによる歯の喪失があります。歯並びや咬み合わせは歯の質の改善によって影響を受けるものではありませんが、水道水フッ化物濃度調整によって乳歯とくに第一大臼歯のむし歯が予防され、これらの歯をうしなわないことによって歯並びの不良が予防されるのです。
  水道水フッ化物濃度調整を実施したNewburghと実施しなかったKingstonという米国New York州の2つの町での調査から、重症である歯並び不良な中学生の割合が、水道水フッ化物濃度調整を実施したNewburghでは9.4%であったのに対して実施しなかったKingstonでは22.5%と2倍半も多かったという有名なデータがあります。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整によって母乳から過剰のフッ化物が乳児に移行される危険はないのでしょうか?
水道水フッ化物濃度調整で、母乳から乳児に過剰のフッ化物が移行されるということはありません。
  フッ化物は生命と健康の維持に不可欠な“生体微量元素”の一つですし、水道水フッ化物濃度調整地域で生活していない人の母乳中にもフッ化物が含まれています。その濃度は、0.05ppm以下ときわめて低く、水道水フッ化物濃度調整と同程度の飲料水やさらに高いフッ化物濃度の飲料水を飲んでも、母乳中のフッ化物濃度はほとんど変化しないことが報告されています。
  母乳中のフッ化物の由来はもちろん母親の血中のフッ化物であり、母乳中のフッ化物濃度がほとんど変化しないのは、母親の血中フッ化物濃度の変化が極めて小さいことで理解できるのです。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整によって妊娠中の女性に悪い影響が出る事はないのでしょうか?
妊婦にも胎児にも全身的な影響はありません。ただし良い影響として妊婦自身と胎児の歯はより強い歯になることが期待できます。
  胎児は母体の子宮の中で羊膜の袋の中で羊水に浮かんで育ちますが、その羊水の元素分布が海水ときわめて良く似ていることは興味があります。全くの自然の状態で、生理的な状態でフッ化物も含まれていることは申すまでもありません。
  ここにおいても水道水フッ化物濃度調整が、自然の適正なフッ化物濃度の飲料水を使用してきた妊婦や病人、その他、あらゆる状態の普通に生活している人々について、良好な保健状態であったとする確認を根拠にして始められたという事実は、これらの問題を考えるうえで有用な情報なのです。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整はヨーロッパで禁止されているのでしょうか?
水道水フッ化物濃度調整が禁止されているという国は一つもありません。
  水道水フッ化物濃度調整は、ヨーロッパでは禁止だとの主張をよくききます。ヨーロッパの国々は、1980年に開催されたヨーロッパ水質指導委員会で水質条例を作成していますが、その中で、フッ化物を含めて、多くの物質の最大許容濃度を規定していますが、当然のことですが、フッ化物濃度が許容量を超えないように求めただけです。指導委員会は水道水フッ化物濃度調整を要求も禁止もしていません。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整を行うことで個人の権利を侵害することにならないのでしょうか?
憲法で規定されている基本的人権には、「健康で文化的な最低限度の文化生活」とあります。また児童憲章には、「すべての児童は、心身ともに、健やかに生まれ、育てられ、その生活を保証される」とあります。水道水フッ化物濃度調整にはう蝕予防効果があり、ひいては生活の質の向上に実質的な寄与をすることが、たくさんの調査から確認されてきています。水道水フッ化物濃度調整はこれらの基本的人権を擁護する効果につながっているのです。
  それでも「いやなことはいやだ」という個人の選択の自由を主張する人もあるでしょう。しかし、地域の公共物である水道を、どのような条件で給水するかを決めるのは地域住民による多数決がその時点における集団の意志決定とみなすべきであると考えられています。集団の意志決定に関する人々の権利とは、議員を選ぶ権利、または例外的に直接の意志表示として住民投票に1票を投ずることであり、その上で決められた事項に従うことは人間の平等や個人の権利を侵害することにはなりません。
  多数決で決めた水道水フッ化物濃度調整を実施するとします。その結果う蝕が減り、歯科治療の苦痛が軽くなり、学校や職場を休むことが少なくなって自分の歯で人生をより豊かなものにすることが出来る事等が今までの水道水フッ化物濃度調整の実績から知られていることです。
  一方、水道水フッ化物濃度調整に「反対」である人達について考えられることは、個人的選択の自由が議員の選択や投票以外では思うようにいかなかったとしても、それによって有害なこと、不利益なことは全くありません。しかもその不自由さは基本的人権に触れるものではなく、むしろ地域住民の全体の健康に寄与して生活を豊かにする方が地域住民全体の基本的人権を守る事になるのです。これらに関する、米国における判例をみると、個人の自由とは責任を伴うものであり、公共の福祉に反する自由は認められていない、というものです。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整によって免疫機能やアレルギー反応に影響が出る事があるのでしょうか?
WHOは水道水フッ化物濃度調整によって免疫反応やアレルギー反応が引き起こされる事は全くないと結論づけています。
  水道水フッ化物濃度調整によって、免疫反応への影響やアレルギー反応が引き起こされたという報告はありません。ヒトならびに動物実験において、フッ化物に対するアレルギーや皮膚反応テストで陽性になったという報告もありません。
  米国アレルギー学会では、フッ化物に対するアレルギー反応についての臨床報告として、「水道水フッ化物濃度調整に用いられるフッ化物に対するアレルギーや過敏反応を起こす証拠はない」と結論づけています。また、米国国立科学アカデミー(NAS)の委員会では、至適濃度よりもかなり高い濃度のフッ化物を含む天然水を飲んでいる多くの人々において、免疫反応やアレルギー反応に影響を及ぼすという報告がないことから、アレルギー反応があるという主張を認めることはできないと述べています。
<< 戻る ▲上へ

水道水フッ化物濃度調整によってダウン症の子どもの出生率が増加するという事はないのでしょうか?
ダウン症候群とフッ化物濃度調整された飲料水の摂取とに関連性がある事を示す科学的な証拠はありません。
  ある調査において、水道水フッ化物濃度とダウン症児の発生頻度とが関連のあるとする主張がなされたことがありましたが、調査対象の選出や調査方法に初歩的で重大なミスがあることがわかり、その仮説は否定されました。
  具体的には、ダウン症児を出生した母親の妊娠前から妊娠中を通じて生活をしていた場所での飲水歴を考慮せずに、子どもの出生証明書に記載された出生地(母親は里帰りしただけ)で検討したことや、ダウン症児の疫学調査ではとくに重要な母親の年齢特異性が考慮されていなかったことなど、疫学調査として決定的な誤りがあることが判明したのです。さらには、その調査と同一の対象者を再分析したところ、水道水フッ化物濃度とダウン症児の発生頻度とに関連が認められないことから、その仮説は否定されたのです。
  その後、イギリスや米国において多くの疫学調査が実施されていますが、水道水フッ化物濃度調整とダウン症児およびその他の先天異常(心臓・循環器系の異常、尿道下裂、水頭症、わん曲足など)の発生率との関係は証明されていません。
  また、遺伝毒性に関して、マウスを用いた多くの研究では、水道水フッ化物濃度調整の100倍のフッ化物濃度であっても、骨髄や精子においてフッ化物が染色体に損傷を与えることは実証されませんでした。ハムスターの骨髄細胞や培養卵巣細胞を用いてフッ化物の遺伝毒性が研究されていますが、ここでもフッ化物は染色体に損傷を与えず、フッ化物に遺伝的な危険性はないとされています。さらに広範囲のフッ化物レベルにわたって、最も広く応用されている染色体変異誘発試験(Ames test)を行った結果においても、フッ化物による変異原性はないことが認められました。
  これら多くの調査や研究の結果を踏まえて、米国国立科学アカデミー(NAS)の米国科学学会(NRC)は、至適フッ化物濃度の水道水を飲むことによる遺伝的な危険性はないと公表しています。1991年に米国公衆衛生局(PHS)は「フッ化物の利益とリスクに関する再評価」を刊行し、水道水フッ化物濃度調整は先天異常やダウン症に問題がないと公表しました。
<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー