# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

歯がしみる
 
むし歯がない場合
【知覚過敏症】
歯ぐきが退縮したり、歯みがき方法が悪かったりすると、根が露出し、冷水がしみ,歯ブラシの毛先で、「ピリッ」とするような痛みが出るときがあります。知覚過敏症用の歯みがき粉もありますが、歯周病が原因の場合もありますので、かかりつけの歯科医院にご相談下さい。また歯みがきの方法も指導してもらいましょう。

むし歯がある場合
【むし歯】【歯髄炎】
冷たいものが一時的にしみる程度(C1〜C2程度)では、むし歯を削り、人工的な詰め物で修復することができます。しかし、冷たいものがひどくしみるとき、またお湯など熱いものがしみるとき(C3)ではむし歯が神経まで進行していますので、歯の神経をとる必要があります。神経をとった歯は根の治療をした後、冠などをかぶせて修復します。

C1

C2

C3

C4
<< 戻る ▲上へ

噛むと痛い
 
【歯根膜炎】
歯髄炎がさらに進行した状態、または神経をとった歯の根の先に炎症が生じた状態です。腐った神経を除去、または感染した根管の清掃・消毒をくり返し治療することにより、歯を保存します。

【歯周病】
歯を支えている、歯肉・骨・歯と骨を結んでいる組織に、細菌が感染し炎症を起こした状態、細菌感染に対して抗生物質などを服用します。
  1. 軽度の場合は、噛み合わせを調整し様子をみます。
  2. 中等度の場合は、歯を固定し噛み合わせを安定させます。
  3. 重症の場合は、歯を抜くこともあります。

<< 戻る ▲上へ

歯肉がはれた
 
【歯肉炎】
プラークコントロールが不十分で歯肉が赤く腫れている状態、歯ブラシがふれても出血しやすい状態です。正しいブラッシングを行ない、歯石を取り、プラークコントロールをすることにより症状の改善を待ちます。

【萌出性または智歯周囲炎】
歯が生えてくるときの周りの歯肉や、親知らずの周りの歯肉が腫れている状態です。
  • 軽症の場合
    自然治癒する場合もあります。
  • 重症の場合
    腫れて膿が溜まっている場合は切開して膿を出し、抗生剤などを服用します。
    親知らずの場合は、抜歯する場合が多いです。

【歯周病】
プラークコントロールが不十分な場合には細菌感染により突発的に腫れることがあります。腫れたり、腫れがひいたりをくり返すうちにだんだん重症になっていく場合が多いです。急性期には、切開して膿を出し、抗生剤の服用をします。歯を残すことができないぐらい重症な場合は抜歯となります。急性症状が落ち着いたら、適切なブラッシングを習い、プラークコントロールを行った後、歯周治療をうけましょう。

第1段階

第2段階

第3段階

第4段階

<< 戻る ▲上へ

外傷(事故などによる)
 
【歯がかけた】
かけた部分が小さい場合は、丸く修正するぐらいですむ場合もありますが、大きい場合は人工物(プラスチック・金属等)で修復します。

【歯が折れた】
神経がでるくらい大きく折れた場合は、かなり痛みをともなうので、神経をとる必要があります。その後、冠などをかぶせて修復します。

【歯が抜けた】
外傷等により前歯等が、完全に抜けてしまった場合は、可能な限り早く歯科医院に抜けた歯を持っていくようにしてください。状態がよければもう一度もとの位置にもどし、固定をすれば完全にくっつく場合もあります。

治療前

治療中

治療後

【唇・口の中の粘膜などを切った】
口の中は毛細血管の多い場所なので、かなり出血します。出血している部分が確認できれば、清潔なガーゼ等で20分くらいしっかりと押さえる(圧迫止血)ようにして、歯科医院を受診してください。
<< 戻る ▲上へ

その他
 
【顎が痛い・口が開かない】【顎関節症】
噛み合わせが悪いことが原因で起こることが多いので、一度歯科医院を受診して噛み合わせを調べてもらいましょう。スプリント治療(マウスピースのようなもの)により軽快する場合が多いです。

<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー