# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

虫歯・歯周病の原因はプラーク(細菌の塊)


歯周病の起こる原因は歯の表面についたプラークです。プラーク は食べ物のかすではありません。プラークは色々な種類の細菌 の塊です。プラーク1ミリグラムの中には30億もの細菌がいます。 プラークはぬれていると無色透明で注意深く見ないと確認するこ とができません。プラークを染め出す染色剤を使って、プラークを 確認します。

プラーク(細菌の塊)を取り除くには、ブラッシング
ブラッシングの目的は歯の表面についているプラーク(細菌の塊)を取り除くことです。使いすぎて毛先の開いた歯ブラシや単に歯みがき粉をたっぷりつけただけではプラークは取り除けません。またお口の中がみがけているかどうかはご自分ではわかりませんし、プラークのたまりやすい所は人によって違いますので一度かかりつけ歯科医院にてブラッシング指導を受けてみて下さい。


歯みがきをしてみましょう

プラークを染め出してみると

歯ブラシの毛先を使って

きれいになりました

歯みがきの道具

歯ブラシ 補助ブラシ
使いすぎて開いた歯ブラシではきちんと汚れはとれません。
歯ブラシだけではとれにくい所に使います。


むし歯・歯周病の予防対策
歯喪(な)しにならないために、むし歯・歯周病予防を心がけましょう。むし歯・歯周病のかかりやすさ、なりやすい場所は個人個人それぞれ違います。 また、むし歯も歯周病も細菌の感染ですので、家族にむし歯の多い方や歯周病にかかっている方の子どもさんは特に注意が必要です。むし歯も歯周病も進んでしまうと歯を失うことになりますので、かかりつけ歯科医院にて定期検診をして早期に治療してください。

[むし歯]
むし歯の進行には、むし歯菌の数、砂糖の量、唾液や歯の質が大きく関係します。予防するには歯みがきをしてむし歯菌のすんでいるプラークを取り除く、食生活に注意して砂糖がいつまでも口の中に残らないようにする、フッ素を利用して歯の質を強くするなどがあります。
[歯周病]
歯周病は Silent Disease (サイレントディジィーズ)と呼ばれ、知らないうちに徐々に病気が進行してしまいます。歯周病の原因は、むし歯同様プラークの中に含まれる歯周病菌ですので、一番の予防方法は歯みがきです。喫煙習慣は歯周病を進行させてしまいます。
むし歯にならないために
  1. 歯みがきをしましょう。
    歯科医院にて正しい歯みがき指導を受けましょう。
  2. 食生活に気をつけましょう。
    甘い(砂糖が多い)ものはひかえましょう。寝る前におやつとジュースはとらずに、お茶にしましょう。
  3. フッ素を利用しましょう。
    フッ素入り歯みがき粉を使いましょう。フッ素洗口をしましょう。歯科医院にてフッ素を塗布してもらいましょう。

歯周病にならないために
  1. 正しい歯みがきをしよう。
  2. 食生活に気をつけましょう。
    おやつをダラダラ食べたり、ジュースをよく飲む人は歯垢がたまりやすいので要注意です。
  3. 健康的な生活を心がけましょう。
    十分な睡眠で疲れをとりましょう。また、喫煙は歯周病を特に進行させます。

虫歯も歯周病も早期発見!!かかりつけ歯科医へ

気づいたときはもう遅い、定期検診でチェック
あなたはどの段階で歯科医院に行かれますか?

むし歯や歯周病はひどくなって からは、治療も複雑になり長期間の通院が必要となります。 かかりつけの歯科医院で定期検診を行い、初期のうちに治しま しょう。 定期検診は、むし歯、歯周病の早期発見と同時に、だんだん悪くなって歯喪(な)しに なっていくのを予防し、お口の健康を維持していくために行います。



#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー