# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

歯と肩凝りとは、どういう関係がありますか?
 われわれ歯科医師はよく患者さんから「歯が悪いと肩が凝りますか」とか、「肩が凝ると歯が悪くなりますか」といった質問を受けますが、歯と肩凝りの関係は噛み合わせのバランスに深く関係しているといわれています。
 上下の歯と歯が変な当たり方をすると歯根の周りにある歯根膜が感知し、このままこの状態が続くと歯の周囲の骨が壊れてしまうので、危険信号を脳に送ります。
 そうすると、脳はすぐに下顎を動かしている頭、首、肩などの周囲の筋肉に命令を出して、上下の歯と歯が変な当たり方をしない位置に下顎をずらします。
 体の中でバランスをとっていた下顎の安定した位置が微妙に変化すると、頭蓋骨(頭の骨)を正常に保持していた筋肉群が異常な緊張を起こし、疲労してきます。
 そして頭の位置が傾斜したり、どちらか一方の肩が上がったりすることにより、背骨などの変形が起き、姿勢が悪くなります。その結果、肩の筋肉の疲労により肩凝りの症状がでてくるわけです。
 したがって、肩凝りの原因が噛み合わせにある場合には、噛み合わせを正しく調整しバランスを整えると、肩凝りも治ってきます。
<< 戻る ▲上へ

歯ぎしりが激しいといわれるのですが…
 歯ぎしりの音を聞いたことがある人は多いと思います。あの「キリキリ」という神経を逆なでするような音は、やはり周りの人にとっては大変な迷惑でしょう。
 歯ぎしりは寝ているときに多く発生し、本人は無意識のため一緒に寝ている周りの人から教えられたり、歯科医院で指摘されて初めて気がつくものです。
 この歯ぎしり、周囲に迷惑をかけるだけではありません。本人の顎の周りの筋肉に、起きているときにはないような異常な力が加わります。このため歯が極端に磨耗したり、歯を支えている歯槽骨が壊れて歯周病の原因になったり、顎の関節が痛んだり、首の周りの筋肉が凝ったりと不快な症状がでることがあります。
 歯ぎしりの原因は、歯並びなどが悪いことによる噛み合わせの不均衡のほかに、精神的なストレス、欲求不満、肉体的疲労なども考えられます。
 対策としては、就寝時に口の中に合成樹脂でできたナイトガード(歯ぎしり防止装置)を装着することが一般的です。
 また、思い当たるふしがあればストレスのコントロールも考えてみます。ストレス管理法にはリラックス法としての自己暗示療法、ストレッチのような軽い体操などが挙げられます。
<< 戻る ▲上へ

顎関節症とは、どんな病気ですか?
 口を開け閉めするときに顎の関節がカクンと音をたて、あくびをしようにも関節が痛くて口が開かないという訴えをもって来院する患者さんが、最近急増しています。このように雑音、関節の痛み、開口障害を主要な症状とする病気を顎関節症と呼んでいます。
 わが国の一般人を対象とした調査によると、顎関節症を持つ人の割合は3人に1人ときわめて高率です。そしてこの疾患の特徴は、圧倒的に女性に多くみられることです。
 顎関節症にはさまざまな原因が考えられ、今なお不明な部分も多いのですが、悪影響を及ぼすといわれているのが噛み合わせの異常です。奥歯を抜けたままにしていたり、入れ歯や冠、ブリッジを合わないまま放っておいたりすると、噛み合わせが悪くなります。すると、顎関節内部に無理な負担がかかり関節が痛んできます。
 また、精神的なストレスもしばしば指摘される原因です。ストレスが歯ぎしりや無意識の歯の食いしばりを誘発し、顎関節に過度の負担をかけることがあります。
 普通、噛み合わせの異常によって発症した顎関節症の治療では、上下の歯列の間にスプリントという装置をはめてもらいます。このスプリントを装着している限り、顎関節は歯の不正咬合に由来するストレスを受けることがなくなり、本来あるべき位置に戻ることができます。
 このように、スプリントや薬剤などによる保存的治療により顎関節症の大半は症状を軽減することができますが、顎関節自体に構造的な変性が生じている症例では、外科的な治療が必要だといわれています。
<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー