# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

フッ化物は塗った方が良いのですか?
 むし歯とは、口の中の細菌のつくる酸が作る歯を溶かしていく病気のことです。
 このむし歯の予防法には、大きく分けて次の三つの方法があります。
  1. 歯の表面に付いた歯垢や細菌を歯みがきによって丁寧に除去する
  2. 細菌の栄養分となる糖分の摂取を控える
  3. フッ化物を利用する
 したがって、フッ化物は塗った方が良いといえます。
 フッ化物は歯の表面にあるエナメル質を強化します。また、再石灰化を促進し、これによって細菌の作る酸が歯を溶かしていくのを予防します。
 フッ化物の利用法としては、歯科医院でのフッ化物塗布と、家庭でのフッ化物洗口(うがい)と、デンタルガムがあります。
 いずれも予防効果がありますが、うがいのできない1〜2歳の時期にはフッ化物塗布のみで、大きくなったらそれらを併用すると効果的です。
 どちらの方法も歯科医師の指導のもとで行う必要があり、そのためにも定期検診を受けることが大切です。
<< 戻る ▲上へ

たくあんは歯をきれいにすると聞きましたが…
 たくあんに限らず繊維質をたくさん含んだ漬物・野菜・果物などは、口の中で噛んでいる間に歯の表面を何度もこすって歯についたヌルヌルした汚れ(歯垢)を落としてきれいにしてくれます。
 ただし、これは歯の表面でも凸面のところに限られています。これらの作用と唾液の流れで洗い流してくれる作用とを併せて自浄作用といいます。
 これに対して、自浄作用の及ばない凹面である歯の溝や歯と歯の間、あるいは歯と歯肉の境目付近は汚れが落ちにくく、ブラッシング(歯みがき)を丁寧に行わなければいけません。
 以上のように軟らかいものを多くとる人よりも、たくあんなどの繊維質を含んだ食物をたくさんとる人の方が、歯がきれいになりやすいですが、歯周病やむし歯を防ぐためには基本的に時間をかけて2〜3歯ずつを最低3分間ブラッシングすることが大切です。
 特に寝る前は注意して、丁寧に歯をみがくようにしましょう。
<< 戻る ▲上へ

チューインガムを噛んで本当にむし歯の予防ができますか?
 ガムは噛むことにより、歯の表面をこすって付着した汚れを落としてくれます。また、唾液の分泌が活発になり、汚れを洗い流す効果もあります。これを自浄作用といいます。
 ところで注意していただきたいのが、ガムに含まれる糖分です。砂糖がむし歯の原因となるのはもはや常識ですが、これまではガム1枚に2.8gの糖分が含まれていました。
 しかし、最近では、無糖系のガムも多くなってきました。特に、砂糖に代わる甘味料としてキシリトールが注目されています。
 キシリトールはシラカバなどの樹木から採れる天然の安全な甘味料です。キシリトール入りのガムを噛むことにより口腔内のむし歯菌は減少し、歯を溶かす酸もできません。また、キシリトールには初期のむし歯でカルシウムのぬけだしたところを再び修復する作用もあるといわれています。
 したがって、ガムの中に含まれる成分をよく確認して、無糖系のガムを摂取するようにしてください。そうすれば歯の掃除ができ、むし歯予防になると同時に顎の運動にもなり、脳の働きも活発になるといわれています。
 ただし、ガムだけ噛めば歯みがきをおろそかにしてよいわけではありません。歯と歯の間や歯ぐきの境目あたりは自浄作用が及びにくいため、丁寧な歯みがきが必要です。
<< 戻る ▲上へ

口臭の原因は何ですか?
 口臭には大きく分けて、治療のいらない「生理的口臭」と治す必要がある「病的口臭」とがあります。
 まず生理的口臭ですが、これは朝起きたときや空腹時、緊張した時、あるいは加齢現象としても生じますが、いずれも原因は唾液の分泌量が少なくなるからです。またニンニク、ネギ、ニラといったにおいの強い食べものを口にした後に生じる口臭も生理的口臭に入りますが、これは一時的なもので、口臭予防効果のあるガムを噛むことで口臭を和らげることは可能です。
 次に病的口臭についてですが、これには「口の中の病気」と胃・鼻・肺・代謝異常などの「全身的な病気」の2つがありますが、圧倒的に前者が原因のことが多いのです。
 その口の中の原因には、歯垢、歯肉の炎症(歯周病)、舌苔の3つがありますが、いずれも食べかすと密接に結びついています。
 食べかすに含まれるタンパク質が口の中の細菌によって分解され、口臭を発生させます。そしてそれが「歯垢」となり歯の表面などに付着しますが、この8割が細菌でできています。その細菌が原因で歯肉の炎症を引き起こし、やがて膿が出たり、出血したりする「歯周病」となります。
 こうした「歯肉炎」や「歯周病」が口臭の原因の8割を占めています。
 また、歯垢とほぼ同じ成分が舌の表面に堆積したものが舌苔と呼ばれるものですが、これも強い口臭の発生源となります。
 したがって、口の中に付着している歯垢や舌苔を歯ブラシや舌ブラシ等で丁寧に取り除くことや、歯周病の治療をすることが口臭の予防となります。
<< 戻る ▲上へ

なぜ、歯をみがくのですか?
 歯をみがくこと、それは口の中の健康を保つ上での最低条件であり、口の感覚を養う最高の方法です。
 口腔内常在菌であるストレプトコッカス・ミュータンスという細菌は、砂糖と出会うとネバネバしたデキストランという物質を作り、歯の表面にくっつきます。これがプラーク(歯垢)です。
 現代の食生活をする限り誰の口にも砂糖は入りますので、プラークができてしまうのは仕方がありません。食べかすなら強くうがいをすればとれてしまいますが、このプラークは歯ブラシを用いてとらないと除去することができません。
 プラークがついたままになっていると、その中の細菌が作り出した酸が歯を徐々に溶かしていき、ついには穴が開いてむし歯になってしまうのです。
 一方、歯と歯肉の間にたまったプラークでは、その中にいる歯周病菌の作用によって歯肉炎を起こしたり、さらにこれが進行して歯周炎(歯槽膿漏)になったりすることもあります。
 したがって、これらむし歯や歯周病の最も大きな原因であるプラークがたまらないように、食事のあと、できるだけ早く丁寧に歯ブラシで歯をみがくことが大切です。併せて、間食をし、のべつ幕なしに歯の汚れがつくような食習慣や、朝に歯をみがいたきり歯の手入れをしないような生活習慣は改めるようにしなければいけません。
<< 戻る ▲上へ

歯ブラシの選び方と正しい歯みがきの方法を教えてください。
 歯ブラシを買うとき、その種類の多さに迷ったことはありませんか。そうしたとき参考になる歯ブラシ選びのポイントを紹介しましょう。
 まず、自分の口の大きさに合った歯ブラシを選んでください。歯をみがいているとき、口の中で歯ブラシがスムーズに動くことのできる大きさがよいでしょう。
 毛質はナイロン毛で、歯や歯肉を傷つけないように毛先を丸く加工しているものを選んでください。毛の硬さは普通で弾力のあるものをお勧めします。
 次に、正しい歯みがきの方法について。
 歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持ちます。歯肉の健康のためには力を入れ過ぎないで、毛先の弾力を使って歯肉をマッサージするようにみがいてください。歯と歯の間や、歯と歯肉の境目は汚れがとれにくいので、特に丁寧にみがきます。
 新しい歯ブラシを使い始めて数日で毛先が広がってしまうのは、歯みがきのときの力の入れ過ぎです。歯みがき圧は約100gが適当といわれています。これは、歯面に歯ブラシを垂直に当てたとき毛先が広がらない程度の圧力です。
 しかし、いくら正しいみがき方をしていても、何ヶ月も使い続けていたら毛先がすれて細かくなったり、曲がったりして使いにくくなります。そうした状態の歯ブラシでは清掃効果が劣るだけでなく、歯肉を傷つけることになりますので新しいものと交換してください。
 詳しくは、かかりつけの歯科医院にご相談ください。歯科衛生士さんが丁寧に教えてくれます。
<< 戻る ▲上へ

歯ブラシのほかに、口の中を清潔にするグッズにはどんなものがありますか?
 近年、口の中の衛生思想の普及により、口腔ケアのグッズは驚くほど充実してきています。歯ブラシ以外では次のようなものがあります。
  1. デンタルフロス(糸ようじ)
  2. 歯間ブラシ
  3. ウォーターピック
  4. 洗口液(デンタルリンス、マウスウォッシュ)
  5. 舌ブラシ

1.のデンタルフロスは、歯ブラシでは除去しにくい歯と歯の間の部分を清掃するためのものであり、丈夫な糸を歯と歯の間に挿入し、上下させることによりプラークなどの汚れを落とします。
2.の歯間ブラシは、やはり歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間の三角形のすき間の部分の汚れを清掃するのに使用します。ただし、歯のすき間のサイズが人によってまちまちなので、歯科医師に相談して自分に適したサイズの歯間ブラシを選ぶ必要があります。
3.のウォーターピックは、強い水流をノズルの先より噴射することにより汚れを落とすもので、歯面や歯と歯の間の清掃のほか、歯肉のマッサージにも効果があります。
4.の洗口液などは、食事後、歯をみがきたいけどなかなか時間がない場合に携帯しておきたいエチケットグッズの一つです。
5.の舌ブラシは舌専用のブラシです。舌もまた汚れがつき易い部位の一つです。奥から手前に汚れを掻き出すよう
にやさしくブラッシングします。
以上のように、いろいろな口腔ケア関連のグッズがありますが、大切なことは自分に適した、長続きする効果的なグッズを選択することだと思います。
<< 戻る ▲上へ

歯みがき剤は必要ですか?
 歯みがき剤は、歯ブラシによる歯みがきを助ける役割を持ちます。しかし、その効果を期待しすぎるのも危険です。歯みがき剤の中身は、研磨剤(歯の表面の汚れを落とす)、発泡剤(歯みがき剤を口の中に拡散させる)、香味剤(爽快感を与える)、薬効剤(薬用成分によりむし歯予防効果や歯周病の予防効果を高める)などが含まれています。したがって、上手に使用すれば何もつけない場合よりも効果的です。
 歯みがき剤の1回に使用する量については、できるだけ少なめにするべきです。歯ブラシの先にちょっとつける程度でよいと思います。あまり多く使用しすぎるとすぐに口の中が泡でいっぱいになってしまって、十分にブラッシングができないうちにうがいをしなければならなくなり、また爽快感が先にたってしまい、みがけていると錯覚してしまうなどの傾向があるからです。それを避けるためには、みがき始めは何もつけずにみがいて、途中から少しつけて使用したらいかがでしょうか。
 歯みがき剤には、石鹸のように肌の汚れを中和して落とすといった化学的な清浄作用はあまり期待できません。
 歯みがき剤は魔法の洗剤ではなく、歯の汚れを落とす力をサポートする、良きパートナーであることを忘れないようにしましょう。
<< 戻る ▲上へ

フロッシングって何ですか?
 むし歯になりやすい場所の一つに歯と歯の間があります。いわゆる隣接面という部位です。
 通常の歯みがきは、歯の面に小刻みに歯ブラシを当てることで歯の汚れをとり除きます。それでもなかなかとるのに苦労する場所が歯と歯の間です。
 普段の食事の後、楊枝を使って歯と歯の間に詰まった食べもののかすをとっている光景をよく見かけます。しかし、楊枝では歯ぐきを傷つけてしまうこともあるのです。
 そこで使用してほしいのが、補助用具としてのデンタルフロス(糸ようじ)です。歯ブラシによる歯みがきの後、歯と歯の間にデンタルフロスを通すことにより、歯ブラシでとれなかった歯垢の除去ができます。このようにデンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れを清掃することを爛侫蹈奪轡鵐悪瓩箸いい泙后
 フロッシングをすることの利点として、むし歯の発見があります。歯と歯の間を通した際、ひっかかりをチェックすることにより、見逃しやすい場所のむし歯を見つけることができます。
 最近のデンタルフロスには、いろいろな種類が出ています。糸に香りのついたもの、柄のついたものなどさまざまです。欧米ではかなり普及しているようですが、日本ではまだまだのようです。
 今日から皆さんも食後の歯みがきの後、ぜひフロッシングをしてみてはいかがでしょうか。きっと隅々まできれいになった爽快感をえられると思います。
 なお、フロッシングの方法については、かかりつけの歯科医院で一度詳しく習ってください。
<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー