# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

妊娠中ですが、歯科治療はできますか?
 妊娠するとホルモンのバランスの変化や、つわりで歯みがきがしにくくなるため、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。
 一般に妊娠中の歯科治療というと不安を感じる人が多いと思われますが、歯科治療は可能です。痛みを我慢してストレスをためてしまうより、ちゃんと治療した方が母体にも胎児にも良いと考えられます。
 しかし、妊娠初期は胎児のさまざまな器官の基本的な部分を形成していく時期であり、エックス線や薬の使用には特に気を使う必要があります。また、着床が不十分なため流産を起こしやすく、つわりも生じてくるので、あまり治療には適していない時期といえます。
 妊娠後期においても、おなかが大きくなってくると仰向けで長い時間治療を受けていることができなくなったり、出産が近くなってくると、ちょっとした刺激でも早産につながってしまう事態が起こりかねません。
 これらのことを考えると妊娠中期、つまり妊娠5〜7ヶ月の間が歯科治療に適しているものと思われます。
 しかしながら実際には、歯科治療を行うときの妊婦の状態により、その対応も変わってきますので、必要に応じて産科医と歯科医とで連絡を密に取り合い、治療を行っていくことが大切になってきます。
<< 戻る ▲上へ

妊娠中、歯科治療でエックス線写真を撮っても大丈夫ですか?
 妊娠初期は胎児のエックス線に対する感受性が最も強くなっています。また、胎児の被曝リスクは着床前期(受精後約9日)、器官形成期(受精後約2〜8週)、胎児期(受精後8週以降)の各段階で異なっています。放射線障害としては、奇形、精神発達遅滞、発癌などがあります。
 もっとも歯科領域のエックス線撮影で胎児に直接エックス線が当たることはまずありませんし、仮にエックス線が当たったとしても、その被曝量は1年間に受ける自然放射線被曝量に比べても比較にならないほど低いといえます。
 したがって、現在歯科医院で最も多く使われている歯科用エックス線撮影で、防護用エプロンをして撮影すれば、まったく問題ないと考えてよいでしょう。
 むやみにエックス線を怖がってエックス線写真を撮らずに治療を行うと、的確な治療が行えない場合もあります。
 ただし、歯科治療を受けるときは自分が妊娠している可能性があるか、あるいは妊娠初期の場合などは必ず歯科医師に告げてください。
<< 戻る ▲上へ

お母さんは胎児にカルシウムをとられるって本当ですか?
 歯は骨と違って、いったん完成するとほとんど代謝しません。つまり、胎児のために母体の歯からカルシウムが溶け出してボロボロになるということはありません。
 カルシウムは体内にとり込まれると骨に沈着し、絶えず少しずつ入れかわっています。胎児は成長に必要なカルシウムを母体の血液から吸収しますが、その血中カルシウムは母体の骨の代謝によって供給されるものです。
 妊娠に伴って歯が悪くなることがあるのは事実ですが、それは妊娠に伴う口腔内の環境の変化が原因です。たとえば、つわりのため歯ブラシを口に入れると気持ちが悪いので歯みがきが十分にできない。また、間食の回数が増加し、そして間食の内容も甘いものや酸っぱいものが多くなるというわけです。
 これはちょうど、むし歯のある小さい子どもと同じような生活習慣だと思いませんか?
 したがって、妊娠中に歯を悪くするかどうかは、妊娠期の口腔内をどのように清潔に保つかによるのです。
<< 戻る ▲上へ

「歯がため」の素材は有害ですか?
 「歯がため」とは、歯が生えていない時期に歯ぐきを固めることであり、古くは長寿を願う儀式として行われていました。
 歯が生えてくる前に歯ぐきがむずむずしてきます。そのため、おしゃぶりなどを「歯がため」に使います。その材料には塩化ビニールが一般的に使われています。塩化ビニールの製品には柔らかさや弾力を出すため「フタル酸エステル類」という物質が多く使われます。
 最近、この物質の有害性が問題になっています。いわゆる「環境ホルモン」といわれるものです。長期間の汚染を受けることにより、肝臓や腎臓、そして生殖系に悪影響が現れることが示されています。そして体がまだ発達段階にある子どもは、大人と比べて有害物質の影響を受ける危険性の高いことが懸念されています。
 「歯がため」の素材は直接口に入れて使うため、その選択は慎重にしなければいけません。最近では、「歯がため」用の食品も発売されているようです。またニンジンなど、ある程度の硬さの食品でもよいといわれています。この場合は、のどに詰まらせないような注意が必要でしょう。
<< 戻る ▲上へ

赤ちゃんの歯の手入れは、いつ頃から、どうしたらよいのですか?
 赤ちゃんに歯が生えてきたときは、とても感動的なものです。そして歯が生え始めた日から、むし歯予防は始まります。
 歯が生え始めたら哺乳びんをやめる、むし歯の原因になる砂糖をとらない、だらだら食べる習慣をつけないなど、食生活での注意も必要になります。
 1歳前後までは歯ブラシをおしゃぶりの代わりとして持たせ、歯ブラシに慣れさせます。歯ブラシをくわえたまま転倒しないように注意しましょう。
 1歳半から2歳にかけて、親が見本をみせながら一緒にみがくようにして、歯みがきの習慣をつけましょう。横みがきで、噛み合わせの部分を中心にみがきます。仕上げみがきは、お母さんがひざの上に寝かせてみがいてあげます。
 乳歯が生えそろう3歳ごろからは、上の奥歯の外側、下の奥歯の内側を注意してみがきます。
 また歯と歯の間のむし歯予防にはフロス(糸ようじ)を使うのが効果的です。
 歯みがき剤は、ぶくぶくうがいができるようになってから使えば十分です。歯質強化のため、歯科医院で定期的(6ヶ月に1回程度)にフッ化物塗布をしてもらうのも有効です。
<< 戻る ▲上へ

むし歯にならないおやつの与え方について教えてください。

 むし歯にならないためには、甘い物を摂取しなければよいわけです。特に小児の場合は、お菓子・ジュース等をまったく与えなければ当然むし歯もできにくいでしょう。
しかし、小児の場合おやつを与えないということは不可能ですし、すべきではないと思います。小児にとって、おやつ(特に甘い物)は情緒安定のために大きな役割を果たしています。
つまり、おやつをまったく与えないということは成長過程において情緒を不安定にするおそれがあるということです。であれば、どのようにおやつを与えればよいのでしょうか?
与えすぎれば当然むし歯を誘発します。つまり、時間と量です。おやつを与える時間を決めてその時間に与えるようにしましょう。例をあげると、午前10時と午後3時といった具合です。また量を決めて、その量以上は与えないようにしましょう。
おやつを与えることがむし歯を作るのではなくて、おやつの回数・量が多いとむし歯を作ってしまうわけです。ただし、おやつの後は必ず歯みがきを丁寧に行うようにしましょう。

<< 戻る ▲上へ

指しゃぶりが不正咬合の原因になると聞きましたが…
 指を吸いながらすやすや眠る赤ちゃんの姿は、実にかわいらしいものです。赤ちゃんの指しゃぶりは哺乳本能と関係していて、お母さんのおなかの中にいる胎児のときから既にみられます。生後2、3ヶ月になると、ほとんどの赤ちゃんは親指か、こぶしを口に入れて幸せそうに吸っています。
 しかし、1歳を過ぎると半数以上が自然に指しゃぶりをしなくなり、3歳児では7、8割の子どもが指しゃぶりをしなくなります。このように、子どもの社会性が広がるにつれて指しゃぶりの癖は減ってきますが、5、6歳になってもまだ続くことがあります。
 指しゃぶりという発育過程の生理的な習慣も、あまり長く続くと好ましくありません。上の前歯が前に出たり、奥歯を噛み合わせても上下の前歯が噛み合わないというような不正咬合を引き起こすことがあります。
 それでは、指しゃぶりには、どのように対応すればよいのでしょうか。
 昔は指にからしを塗ったといいますが、これはあまり適切な方法とはいえません。
 3歳ぐらいまでの子どもの場合では指しゃぶりをする状況をよく観察し、寝つく前にする子には昼間しっかり遊ばせて寝つきをよくするとか、寝つくまで本を読んであげるなどの工夫をしてみてください。断乳(意識的に母乳を止めること)後、眠る前に手を握ってあげるのも予防手段かもしれません。
 3歳を過ぎたら、指しゃぶりの影響を分かりやすく説明してあげれば、自分からやめることもあります。5歳を過ぎてもやめられない場合は、一度、歯科医師に相談してください。指しゃぶりが舌癖(舌を上下の歯の間に入れる癖)に移行してしまうと、治すことが困難になってしまうからです。
<< 戻る ▲上へ

3歳児健診で、上唇小帯異常といわれたのですが、どうしたらよいですか?
 上唇小帯とは、顔の中心の上唇(うわくちびる)の内側にあり、上唇と歯肉をつなぐひだ状のものをいいます。そして上唇小帯異常とは、その小帯の位置や数の異常をいいますが、一般的には歯肉側の付着先端部位の位置異常をいいます。つまり上唇小帯の歯肉側の付着先端部位の位置が、より歯に近い部位まで伸びていて、そのために歯と歯の間に隙間ができているか、そのおそれのある状態をいいます。
 しかし、これからのからだの成長・発育に伴い顔の3次元的(たて、よこ、奥行き)な成長・発育もあり、小帯の付着位置が相対的に変化します。つまり、鼻の下の歯槽骨のたての成長に伴い、小帯の長さは変わらないのでだんだんと上方(正常)に近い位置に変化することが多いので、直ちに切除して付着位置を修正しなければならないことはありません。
 3歳児では、明らかに歯と歯の間まで小帯が伸びて、そのために歯と歯の間に隙間ができている場合を除いては、永久歯が萌出してくる6歳位まで様子を見て、それでも位置が歯に近い状態にあるときには、歯科で小帯を切除してもらった方が良いでしょう。
<< 戻る ▲上へ

歯の治療で麻酔をしたら、子どもが寝てしまうのですが…
 麻酔には大きく分けて、脳の中枢へ働く全身麻酔と末梢神経に作用する局所麻酔に分けられます。
 通常の歯科で行う麻酔は後者の局所麻酔ですから、脳の中枢へ作用して眠らせるとか、眠くなるとかは考えられ ません。
 この質問の場合のように、麻酔後に子どもが治療中に寝てしまうことはよくあることですが、その原因は
  1. 生活活動周期
  2. 無痛のため
によるものと思われます。
1.の生活活動周期は、午前中よりも午後の昼寝の時間帯とか、食後や運動後に、ほど良い疲れの中で眠くなることが考えられます。
2.は無痛のために、精神的にも肉体的にもリラックスして、睡眠に入りやすくなるためと思われます。
以上のことから、麻酔の直接的な作用で眠ってしまうわけではありませんので心配はいりません。
<< 戻る ▲上へ

うちの子の前歯の生え方がおかしいのですが…
 一般に、前歯は乳歯よりも永久歯の方が大きく、また、永久歯の萌出順序も一様ではないため、萌出して間もない時期ではむしろ多少の歯並びの異常があっても当然といえます。
 永久歯は乳歯の歯根を吸収しながら顎骨の中を徐々に上昇し、乳歯の真下からではなく、下顎の場合はやや内側寄りから萌出する経路をとるため、乳歯の脱落前に永久歯の頭が内側から露出しても直ちに異常とはいえません。4本の永久前歯が生え揃うまでの時期では顎の骨も未発達で、下顎では若干の乱杭歯(いわゆる不揃いの歯)がみられることが少なくありません。また、この時期上顎前歯の場合は、真ん中の歯間の離開と共に4本の永久歯が扇形に開いた特徴的な歯列を呈することが多く、“みにくいあひるの子の時代”(ugly duckling stage)と呼ばれています。いずれの場合も、その後の顎骨の成長や永久犬歯の萌出などに伴い徐々に異常が解消されていきますので、それほど心配はいりません。また、臼歯部では逆に永久歯の方が乳歯よりも小さく、交換に伴い余剰なスペースが生じるため、さらに歯列の改善に役立っています。
 しかしながら、遺伝的に顎骨と歯の大きさに異常なアンバランスがあったり、顎骨の劣成長や小帯と呼ばれる軟組織異常、舌の異常習癖、弄指癖(指しゃぶり)、過剰歯などがあったりするお子さんでは、歯並びの異常がそのまま解消されないケースも当然考えられます。
 気になる場合はかかりつけの歯科医院への受診をお勧めします。
<< 戻る ▲上へ

乳歯から永久歯への歯の生えかわりについて教えてください。
 乳歯から永久歯に生えかわる時期を「混合歯列期」といいます。平均的な交換は5歳6ヶ月ごろより始まり、11〜12歳ごろに完成します。子どもの器官から大人の器官に完全に交換する器官は歯しかありません。
 歯は一度萌出すると大きさや形が成長するものではなく、顎や顔、頭部の成長に合わせて、歯は乳歯から永久歯に生えかわっているのです。
 乳歯は20本、永久歯は28本(親知らずを除く)ですから、交換する歯は20本です。新しく生えるのは乳歯の一番後ろから生える6歳臼歯(第一大臼歯)、その後ろから生える12歳臼歯(第二大臼歯)で、永久歯列では本数もこのように多くなります。
 噛む力も乳歯列期の約25kgから永久歯列期の60〜100kgへと非常に強くなり、奥歯も増えることから食べる効率も格段に増加します。これは体全体の成長に合わせて栄養補給量が増加すること、また、人間としての活動量が増加することに適応するためです。
 精神発達や知的発達においても交換期がちょうど小学校入学から卒業するまでの時期でもあり、混合歯列期とは「子ども」から「大人」ヘと脱皮し、大きく変身する時期といえるでしょう。
 いつまでも健康な自分の歯で食べられる条件として、規則正しい生活リズム、適切な食生活や食環境、口腔清掃習慣などが挙げられますが、これらを通じてこの時期に「自分の健康は自分で守る」という自己管理能力を身につけ、自立を目指してほしいと思います。
<< 戻る ▲上へ

子どもによく起きる歯のけがについて教えてください。
 「子どもが公園で転んで前歯を打って、歯がグラグラしています。どうしたらよいですか?」という電話が時々、歯科医院にかかってきます。
 歯のけがにはいくつか種類があります。破折(歯が欠けたり、折れたりする)、脱臼(歯が抜ける)、埋入(歯が骨の中にめり込む)などです。
 このような歯のけがが発生した場合、適切な知識と冷静な対処を心がけていれば、多くの場合、歯を助けることができます。少し具体的にお話ししますと…。
 歯が欠けた場合は破折片の有無、欠けた状態にもよりますが、かなり多くの症例において修復可能です。
 歯が抜けたときは、口の中に残っていれば元の位置に手で戻すか、あるいはそのまま歯科医院に行ってください。口の中にないときは、その歯を探し出して水道水でさっと洗って(30秒以内)抜けた場所に自分で戻すか、ほっぺの内側に入れるか、または牛乳の中に入れて早急に歯科医院を訪れてください。
 抜けた歯がうまく元に戻るかどうかは、歯の根の周りについている「歯根膜」が大事な役目を担っています。「歯根膜」は乾燥状態では30分ほどしか生きていません。
 歯のけがをしたら早急に歯科医院と連絡をとり、適切な対応をとるようお願いします。
<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー